こんなシングルマザーは再婚できない?男が引く3つの理由

母子家庭のシングルマザーの方で再婚を目指して婚活する方も多いですが、意外とスグに相手が見つかる方となかなか結婚できない方の両極端に分かれる傾向があります。両者にどんな違いがあるのでしょうか。婚活中の男性にシンママのイメージについてアンケートを取ってみました。

1位 46%
子育てに忙しくて自分のことまで手が回っていない
2位 36%
出産してボディラインがゆるんでいる
3位 12%
女子力が低下気味

家事や育児で自分の事にまで手が回っていないというのがシングルマザーのイメージです。

なんて失礼な!と思う方も多いかもしれません。

ただ、逆にシングルマザーに「結婚、出産を経て気になっていることは?」と聞いてみると…

1位 35% 体重が増えてきた
2位 29% バストが垂れてきたように感じる
3位 24% お腹がぽっこり出てきた
4位 12% 身体のラインが崩れてきた

シングルマザー自身の中にも女子力低下を自覚している方は多いようです。

子育てや家事は想像以上に過酷ですから美容や女子力アップに時間を割く余裕なんてないということをわかってもらいたいのですが、現実問題として結婚相手を選ぶとなると、男性は無意識に女性としての魅力を無視できないというのが現実です。

結婚前は、少し体重が増えたり、吹き出物が出るだけで、いろいろ気にかけてケアをしていましたよね。

そうは言っても、子育てや日々の生活を一人で支えているシンママは忙しいですし、美容のことまで気が回らないという方がほとんどです。それが多くの方の本音で、多くの方がボディケアやダイエットが手抜き気味です。

でも、それって実はチャンスなのでは?と思ったあなたは賢いです。

そうです。ギャップを狙うんです。男性はシンママは女子力低下気味というイメージを持っていますから、 ある程度の女子力を保っておけば「え?本当にシングルマザーなの?」と目を見開いてくれるハードルは驚くほど低いんです。ハードルが低いので、ほんの少し頑張ればライバルに大きな差をつけられます。

たとえば、ダイエット。もちろん、ダイエットで劇的な結果を生み出すのが理想ですが、「ダイエットを諦めて何もしない人」と「ダイエットを意識している人」では、結果が出ていないとしてもダイエットを意識している女性の方が魅力的に見えるものです。

女子力を保とうと手間をかけているシンママというのは、相手を意識して気配りをしているわけですから、男性にもそのことが伝わって婚活にも成功しやすいです。

結婚して家事や子育てに忙しくても女性としての魅力を保てている女性は男性しては非常に魅力的です。

実は、ボディケアやダイエットなんて1日たった数秒でOKです。

結果を出す出さないではなく、一日数秒、女子力アップを意識することが意外と重要なんです。

母子家庭の方のお役立ち情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ